三井不動産の豊洲における商業施設建設を都市再生特別措置法に基づく民間都市再生事業計画と認定 国土交通省

 国土交通省はこのほど、三井不動産の豊洲における商業施設建設を、都市再生特別措置法に基づく民間都市再生事業計画と認定した。
 同省では同事業について「水辺やドック跡を生かした商業機能等の整備を行うことで、周辺の業務機能・居住機能等の整備と併せ、魅力的な複合市街地の形成を図る事業」であるとし、「アメニティに富む貴重な水域に面する特性を生かし、魅力的なウォーターフロントを創出し、水辺に開かれた賑わい空間を形成する」としている。
 事業施行期間は2005年8月1日から06年8月31日。敷地面積は約7万4000㎡。建物は商業施設2棟で、規模はそれぞれ地上5階・延床面積約2万4000㎡と、地下1階・地上5階・延床面積約13万9000㎡。


公開日: 2006年6月21日