アパート建築請負事業の不調が響き減収減益/レオパレス21・06年3月期連結

 レオパレス21の06年3月期連結決算は、売上高4653億8600万円(対前年同期比2.3%減)、営業利益407億7500万円(同25.4%減)、経常利益441億5100万円(同17.1%減)、当期純損失165億8200万円(前年同期は当期純利益332億6200万円)となった。減損損失計上に伴い減収減益となった。主要部門の賃貸事業で好調を維持したものの、もう一つの軸であるアパート建築請負事業の売上高減少が響いた。
 今期は売上高6245億円、経常利益750億円、当期純利益410億円を見込む。賃貸管理戸数は対前年同期比5万7000戸増の期末40万戸を見込む。


公開日: 2006年6月7日