ジャパンエクセレント投資法人 6月27日に東証に上場、複合型REITで上場時983億円

 ジャパンエクセレント投資法人が6月27日に東京証券取引所のREIT市場に上場する。運用会社は、ジャパンエクセレントアセットマネジメント。公募・売出価格はブックビルディングを経て、6月19日に決定する。
 同投資法人はオフィスビルを中心に投資するほか、商業施設・居住物件に対しても投資する。展開エリアは、東京都を中心に首都圏、政令指定都市など。上場時の資産運用規模は、取得価格ベースで約983億円、中長期的には3000億円規模にまで膨らませる方針。LTV比率は、60%を上限に置く。実際は35~50%の比率で運用し、50%を超えるあたりで増資などで対応して比率を抑えていく財務戦略を採用する。一口当たりの分配金は第1期1万1783円(営業日数188日)、第2期1万1887円(同181日)を見込む。
 スポンサーは、興和不動産、第一生命保険相互、積水ハウス、モルガン・スタンレー・プロパティーズ・ジャパン、みずほコーポーレート銀行など8社が参画している。


公開日: 2006年5月29日