「佐倉駅前」も温泉付きマンションに/アパ

 「天然温泉付き」を武器に首都圏での供給を拡大しているアパ(元谷外志雄代表)は、JR総武線佐倉駅前で「アパガーデンパレス佐倉駅前」を4月末から発売する。今回も、敷地内から天然温泉掘削に成功。全戸に配湯する「温泉付きマンション」となる。\n 建設地は、千葉県佐倉市表町3丁目。14階建て2棟・160戸という規模。別棟で148区画の所有権付きガレージを分譲する。専有面積63~129平方メートル。最多価格帯は2500万円台。坪単価は97万円。\n 同社は昨年5月、東京・赤坂に本社を移転。首都圏での供給を本格化させている。以降供給した「八千代緑ヶ丘」「新宿戸山」「多摩境」はいずれも敷地内から天然温泉を湧出。全戸に配湯する「温泉マンション」として人気を呼んでいる。 


公開日: 2003年3月13日