日本綜合地所 8期連続の増益、06年3月期通期業績は経常利益68.64億円

 日本綜合地所が5月15日に発表した2006年3月期の通期連結業績によると、売上高851億1400万円(前年同期比10.1%減)、営業利益77億9600万円(同21%増)、経常利益68億6400万円(同20.3%増)、当期純利益37億5000万円(同16.6%増)だった。採算性を重視した仕入活動や費用対効果を追及した販売活動などの結果、契約高は566億5700万円で前年同期比43.9%減となったものの、8期連続の増益を達成した。
 07年3月期は、06年3月期中に取得した商業施設「くるる」(府中市)の賃貸収入や管理戸数が05年2月末の6307戸から06年2月末現在で9139戸まで拡大していることなどが収益に貢献するため、売上高は896億円、経常利益55億円、当期純利益30億円を見込んでいる。


公開日: 2006年5月15日