日神不動産 06年3月期の経常利益は61億に、マンション分譲事業は好調さ維持

 日神不動産は5月1日、2006年3月期の連結業績予想について、売上高533.3億円(前回予想比536億円)、経常利益61億円(同56.6億円)、当期純利益24.7億円(同25.7億円)と発表した。売上高は日神建設において低採算の工事受注を自粛し、前回公表値とほぼ同額とした。当期純利益では米フロリダ州にあるゴルフ場2カ所が2年連続でハリケーンによる設備被害を受けたなどから、固定資産の評価損5.39億円を計上する予定で、前回公表から1億円を減額した。個別事業は、マンション分譲が好調で、当初予想販売戸数1560戸を上回る1602戸だった。


公開日: 2006年5月2日