(社)不動産証券化協会 不動産投資指標を4月中旬から開始、透明性と投資家の促進を狙う

 (社)不動産証券化協会(岩沙弘道理事長)は、ファンド市場のデータ整備を行い、4月中旬から「不動産投資インデックス」として投資家向けにデータの掲載をホームページ上で始める。市場の透明性をさらに高め、投資家を呼び込むのが狙いだ。J―REITに組み込まれている賃貸資産のインデックスとなるもので、各投資法人が公表済みのデータ等を用いて不動産の利回りなどを発表するもの。さらに同協会では、J―REITだけではなく、私募ファンドの実態調査も実施していく方針。ただ、運用状態を調査するのではなく、ポートフォリオの内容や投資ターゲット物件の収益率がどの程度なのかを調べるのにとどまる。


公開日: 2006年2月23日