その他

連載

害虫コンサルタント・紅谷 一郎の住まいとビルの害虫カルテ(45)/シラミ(2)/戦後にチフスでDDT

《コロモジラミの駆除法》\n コロモジラミは着衣に付着し、人体に移行して吸血し、着衣の縫い目などに産卵する。衣服に付いたシラミ虫体は洗濯すれば脱落するが、卵はこびりついて取れにくいので、捨てるほうが良い。\n 事情があって下着を再利用する場合は、人体用のスミスリン粉剤を使う方法もあるが、55℃以上の湯に10分以上浸漬する、同様の温度を保つ温風乾燥機を使う、ビニール袋(黒)に詰めて天気が良い日にまる ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年12月20日