分譲

連載

明日が見える一戸建・基本30考!(22)/ビルダー選びの考え方/素材との相性優先/価格との相関関係

(1)得手不得手\n 以前、ある手術で関東のある大学病院に入院しました。同室の方は、九州の博多から転院された年配の税理士さんでした。お話を伺うと九州のある大学病院で検査を受け、その手術にはこの病院が良いと勧められたとのこと。確かに私の場合とは異なりやや複雑な手術のようでしたが、名のとおった大学病院の間でも手術内容による得手不得手があるようで驚きました。\n 住宅の場合は、各ビルダーがそれぞれの建築 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年12月20日