地域業者

連載

東京宅建協会 支部長に聞く(21)/国分寺国立支部・小川 誠さん/農協へ流れる相続ビジネス

 都心区へ通勤するサラリーマン世帯が多く住んでいる多摩地域では、最近の地価下落傾向の下げ止まり感は感じられない。(社)東京都宅地建物取引業協会国分寺国立支部の小川誠支部長(誠和商事社長)に国分寺国立地域の不動産事情を聞いた。\n―地域不動産会社の特徴について\n 「賃貸と建売を手がけている業者に大別できる。コミュニケーションをよく図りながら家庭的な雰囲気を大切にしている。モラルを欠いた業者が少なく ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年12月20日