地域業者

その他

サンフロンティア/100%子会社設立/証券化事業進出へ

 サンフロンティア不動産(東京・中央区、堀口智顕社長)は12月1日、不動産証券化事業に進出する目的で、100%出資子会社「SFキャピタル」を設立した。\n 資本総額は8千万円。今月中に業務を開始する予定。\n 不動産再生事業の企画やモノづくり、出口戦略の多様化を図るため、不動産証券化事業へ進出すると同時に、ビルマネジメント事業の展開を目的とする。\n サンフロンティアがリプランニング事業としてリニ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年12月20日