その他

連載

不動産業者のやさしい年金のお話(11)/現役会社員の在職老齢年金

 受給権者・被保険者にとって厳しい年金改革の中にあって、60歳代前半の在職老齢年金は改善されています。少子高齢化の中で、少しでも高齢者に働き続けてもらおうということでしょうか。\n 総報酬月額相当額(1年間の給料と賞与の平均額)と基本月額(=年金月額と考えてもよいでしょう)の合計額が28万円以下の場合には支給停止されずに、年金は全額支給されることになりました。そして28万円を超えると、総報酬月額相 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年12月13日