地域業者

その他

県宅協 県央東支部・山下 光支部長に聞く/「和と努力と真実」

 会員会社同士、地区同士、そして支部間の「和」を強調するのが、県宅協県央東支部の支部長を務める山下光氏だ。同支部は大和市、海老名市、綾瀬市がエリア。厚木市はエリアに入ってはいないが、隣接エリアだけに厚木基地の存在はここでも切実な問題のようだ。(聞き手・中川基晴記者)\n ―県央東支部エリアの特徴は\n 「戦後のマッカーサーが来日した頃から、ずっとついて回っているのが厚木基地の問題だ。飛行機が飛ぶ際 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年12月13日