不動産流通・売買・仲介

連載

競売物件 東京地裁 開札トピックス(529)/利回り7%でも応札なし/区分所有不動産を敬遠?/溜池山王のワンルーム

 今年も東京地裁は対前年比で競落率が上昇するのはほぼ確実であり、一年を通じて活況であった。その中にあって12月2日開札で、都心のマンションが応札なく、特売に回ったのに目を引かれた。\n その物件は銀座線溜池山王駅徒歩2分に立地する専有面積約5・5坪のワンルームタイプである。築23年のこのマンションは土地柄、事務所使用をしている部屋が多い。対象物件も登記上は「居宅」であるが、事務所として使用されてお ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年12月13日