団体

その他

賃貸管理業分析/専門紙誌が討論/日管協東京支部

 (財)日本賃貸住宅管理協会東京支部(清水新一支部長)は9日、第8回定例会を開催。「賃貸管理業界の“今を斬る”」をテーマに、弊社の松本英雄新聞局長、住宅新報社の本多信博編集長、全国賃貸住宅新聞社の榎本ゆかり取締役編集部デスク、不動産流通研究所の三浦達取締役所長、不動産経済研究所の田村修記者によるパネル討論会が行われた。\n 今年の重大ニュースとして、松本氏は「短期賃貸借保護法の廃止、東京ルール策定 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年12月13日