団体

その他

全国定借連合第1回理事会/来年通常国会で定借改正法案通過を

 全国定期借地借家権連合会(塩見宙会長)は12月9日、都内で第1回目の理事会を開催し、理事会に出席した渡辺喜美自民党衆議院議員や海江田万里民主党衆議院議員らに法制面および税制面においての要望を提出した。\n 要望は、(1)事業用借地権を現在の10年以上20年以下から10年以上50年未満への改正、(2)定期借地権設定に伴い差し入れられた権利金の償却措置の導入・自己借地権の明確化、(3)現行の定期借家 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年12月13日