ハウス・住設

その他

東京ガスなど3社/燃料電池を発売/世界初/来期末200台を供給

 東京ガスは、固体高分子形燃料電池を用いた家庭用燃料電池コジェネレーションシステムを来年2月8日に発売する。荏原バラード(東京都大田区、大矢正克社長)、松下電器産業と共同開発を進めていたもので、家庭用燃料電池の商用機の発売は世界初となる。2005年度末までに限定200台を東京ガスエリア内で供給し、2008年度以降に年間数万台の本格的な普及を目指す。\n 東京ガスが発売するのは1kW機。燃料は都市ガ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年12月13日