その他

連載

不動産業者のやさしい年金のお話(10)/物価連動と在職老齢年金

 会社員の年金である厚生年金保険は、どうなっていくのでしょうか。現在の年金を受け取っている人たちは、現役世代の人の賃金の約59%を受給しているといわれています。\n 従来公的年金は、物価が上下すれば年金額も上下する「完全自動物価スライド制」がありました。それが「マクロ経済スライド」というものの導入により、徐々に低下していき、現役世代の50%くらいになるといわれています。\n しかし悪くなる話ばかり ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年12月6日