不動産流通・売買・仲介

連載

競売物件 東京地裁 開札トピックス(528)/グレードの高いビルが前提/中小・老朽ビルまで及ぶか/オフィス賃料の底入れ

 11月24日付の日本経済新聞にて、「オフィス賃料東京で底入れ」との記事が掲載された。これは新築賃貸ビルの賃料が大幅に上昇したことを受けての報道である。日本不動産研究所の不動産投資家調査の結果でも、都心Aクラスビルに対する期待利回りは年5%と昨年の同時期に比べ0・2%低下していることが明らかになっている。\n 不動産の期待利回りは長期金利をベースに(不動産固有のコストや建物の劣化を勘案した上)、将 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年12月6日