行政

その他

中心市街地再生で第1回アドバイザリー会議/国交省

 国土交通省の「中心市街地再生のためのまちづくりのあり方に関する研究 第1回アドバイザリー会議」が開催され、中心市街地衰退の要因と、活性化の基本的視点について議論が交わされた。「中心市街地活性化がうまく進んでいる例を見ると、景観の要素を取り込み、商店街だけでなく住民を含めた組織が基盤となっていることが多い。住民の視点から考えることも必要。小売商業だけでなく、住宅なども含めて捉えるべき」などの意見が ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年12月6日