その他

連載

個人情報保護への対応(9)/常に5千件超の情報を利用/データベース/顧客少なくても/レインズ利用業者に適用

 不動産流通会社は、不動産売買・賃貸借契約者に関する情報、データのほか、営業所や販売センターでの接客業務その他日常の営業活動における多種多様な個人情報の取得、友の会など組織化された購入希望顧客等のデータなど、多数の重要な個人情報を取り扱っています。個人情報保護法の施行によって、従来にも増して、個人情報の取扱いの適正化、情報管理の徹底等を図っていく必要性が高くなります。\n 最初に、個人情報保護法で ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年12月6日