賃貸管理

その他

毎日コムネット/学生マンションの証券化事業に着手

 学生マンションを運営する毎日コムネット(東京、伊藤守社長)は、「学生マンションファンド」の創設に乗り出した。同社所有の学生マンション建設予定地と稼働している学生賃貸マンションが対象。案件総額は、竣工時で約20億円と見込んでいる。\n 同事業の名称は「学生マンション・ファンド・パイロット・プログラム」。アレンジは、三菱信託銀行と三菱証券。\n 同社が所有している土地2カ所と稼働物件3カ所を対象とし ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年12月6日