その他

連載

取引紛争の事例と解決(78)/依頼者の請求を棄却/報酬額を定めることも可能/一般私人に土地の売却を依頼した場合/宅建業法による報酬額の規制はあるか

 旧知の知人に所有する土地等の売却を依頼し、売却ができたことから、知人から売却代金を受け取る一方、報酬を支払いました。しかし、宅地建物の取引の媒介に関しては報酬額に規制があると知り、私の場合、それよりもかなり多くの支払いをしていたことに気付きました。知人から、支払い過ぎた部分の報酬額を返還してもらいたいのですが。(田淵 正憲、68歳、無職)\n \n【苦情の内容】\n 田淵さんは、約100坪弱の土 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年10月25日