行政

連載

住宅産業新時代/国交省「推進ビジョン」22の提案から(11)

■木造住宅生産支援/工務店の設計や資材調達一元化\n\n 地域工務店の設計や資材調達機能などの一元化による資材調達コストの削減や、工事出来高に応じた代金の支払い管理を通じて、魅力的な木造住宅の生産を支援する。\n 地域工務店は、資材調達や作業指示を一元的に行えることから、消費者の要望に細かく対応できる半面、調達コスト抑制の難しさなどがあって住宅建設コストの低下が進みにくい。こうした現状から、地域工 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年10月25日