住宅金融機構・都市機構

その他

都市再生機構/旧公団の「コスト構造改革」/SI導入で住宅長寿化/15年度コスト4.98%縮減

 都市再生機構は、旧都市基盤整備公団の「コスト構造改革」の平成15年度における取り組みについてまとめた。\n 住宅などの耐久性の向上でライフサイクルコストの低減を図るなどの施策を講じた結果、同年度の総合コスト縮減率は対前年度比4・98%(発注総額約3582億円の対応工事費に対し約188億円)となった。\n 旧公団のコスト縮減策については、12年度策定の行動計画と、政府と国土交通省が15年度に策定し ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年10月25日