地域業者

1面トップ

専門知識生かした提案を/不動産業者への相続相談が増加/市場拡大の可能性大/「心のケア」も重要に

 現在、5人に1人が65歳以上になり、もはや「高齢化社会」ではなく「高齢社会」になっている、と言われている。不動産業界でも、シニア向けマンションやバリアフリー対策など、急ピッチで対応が進んでいるが、ここに来て注目を浴びているのが相続の問題だ。これまで、相続と言えば信託銀行などが主体だった。しかし相続対策で最も重要と言われているのが土地・建物に関する対策。そこで、「不動産に関する専門知識を生かしたコ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年10月25日