その他

連載

個人情報保護法の対応(3)/個人データを安全に取扱うために/入力・転記ミスを防ぐ/適切な監督が必要/組織体制、規程の整備を

 今回は、個人情報取扱事業者が個人データ(個人情報データベースを構成する個人情報)を安全に取扱うために必要な事項についてご説明します。〈りそな総合研究所〉\n 第十九条では、「利用目的の達成に必要な範囲内において、個人データを正確かつ最新の内容に保つよう努めること」としています。\n 収集した個人情報をデータ化する時に、誤りが無いように入力することが必要です。そのためには、入力ミスや転記ミスを防ぐ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年10月18日