開発, 統計・データ

その他

大型既存ビルの空室率改善/三鬼商事調べ/成約・入居が進む

 三鬼商事(飯嶋清社長)は、都心5区(千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区)の9月末時点でのオフィスビル市場動向についてまとめた。\n 平均空室率は7・15%(前月比0・25ポイント低下)。新宿区以外のエリアで大型既存ビルに成約・入居が進み、9月の1カ月間で募集面積が約1万5000坪減少した。\n 区別の空室率は千代田区5・63%(同0・18ポイント低下)、中央区7・27%(同0・37ポイント低 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年10月18日