ひと、競歩でアスリート社員1号としてエー・ディー・ワークスに入社した高橋和生さん、“東京の次”へ挑戦社内の刺激に

 世界選手権での日本人選手の活躍など、注目の機会が増えている競歩の担い手として、今年4月、社内初のアスリート社員となった。競歩との出会いは、高校時代。陸上部の顧問が元々競歩選手だったことなどから、長距離と掛け持ちするようになり、練習開始2カ月で大会に出場した。高3で競歩に専念し、インターハイ3位で早稲田大学に進学。昨年、大学4年で日本学生個人選手権で優勝、高い壁だった先輩の記録を更新し、「行けると ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年12月23日