決算、日本ハウスHD、平和不動産

本業の住宅が好調、マンションも増加/日本ハウスHD、10月期  日本ハウスホールディングスの2019年10月期決算は、本業の住宅が好調で増収増益となった。  セグメント別の売り上げと営業利益は、主力の住宅事業は期首受注残が前年比で36億3400万円増加し、売上高442億6000万円(前年同期比9・4%増)営業利益52億2100万円(同73・3%増)だった。  ホテル事業は前年会計費によるホテル2件 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年12月23日