競売物件、東京地裁、開札トピックス-113-、浸水懸念地域でも多数入札、危険度合い評価書に配慮なしでも人気

 2019年は台風の被害が大きかった年として記憶されそうであるが、気候温暖化が進む状況では来年もまた同様な台風被害が起こっても不思議ではい。 そんな中で浸水ハザードマップへの注目度が高くなっている。12月5日開札では浸水ハザードマップにおいて荒川の氾濫があった場合において高さ3~5メートルの浸水が想定される地域の物件が対象になった。  その物件は都営新宿線「瑞江」駅徒歩約6分に位置している。土地は ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年12月23日