東京建物など50カ所に設置、東京駅周辺で傘シェア

 東京建物は12月9日から、Nature Innovation Group(東京都渋谷区)、東京ステーションシティ運営協議会など東京駅前エリアの団体・企業と連携して、傘のシェアリングサービス「アイカサ」の導入を始めた。  東京建物のビルや地下街出入り口など東京駅周辺の約50カ所、1000本を設置する。ワーカーや来街者へのおもてなしを提供するとともに、SDGs目標12「つくる責任つかう責任(持続可能 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年12月16日