三菱地所、大手町ビルにも警備ロボ導入、エレベーターとの連動も

 三菱地所は12月9日、東京・大手町の大手町ビルで警備ロボット「SQ-2」とエレベーターの連動デモンストレーションを実施した。ロボットメーカーのSeqsense(シークセンス)、エレベーター連動システム開発を担当する三菱電機、東京都も出席した。三菱地所としては新ビル・大手町パークビルに続く導入で、築61年のリノベーション中の築古ビルでの活用となる。  大手町パークビルでは、警備ロボットは主に立哨業 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年12月16日