将来予測で特許取得、不動研、充実化図る

 日本不動産研究所は12月9日、国内不動産市場の将来予測(不動産市場予兆管理)に関する特許権を取得し、正式に登録されたと発表した。  同研究所では(1)取引市場構造分析(2万5000件取引事例)(2)短期予測(先行マクロ経済指標)(3)中長期予測(計量経済モデル)の分析手法で、将来予測ソリューションを提供している。  今回の特許権取得を通じて、国内不動産市場について、取引市場、賃貸市場、金融市場な ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年12月16日