住友不、羽田空港直結型の大型ホテル、来春開業へ、国有地を定借で50年、開発・運営、全1717室と商業、交流施設も

 住友不動産が国土交通省から50年間、土地を借りて推進する羽田空港直結開発プロジェクトが来春、「羽田エアポートガーデン」(東京都大田区)として順次開業する。国際線ターミナルに隣接する羽田空港第2ゾーン地区の約4・3ヘクタールに、24時間国際拠点空港化や国際交流機能、都市観光の支援機能を備えた施設を開発・運営するもの。具体的な施設は、エアポートホテルとしては日本最大となる1717室の大型ホテルと商業 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年12月16日