競売物件、東京地裁、開札トピックス-112-、京王線「千歳烏山」駅約3分、ワンルームマンション個人競落、年7%目線

 今年の開札も12月5日を終えあと1回となりいよいよ年末を迎えることになる。今年はスルガ銀行の不適正融資の影響を受け収益不動産の流通が一部停滞したが、個人の不動産投資熱は相変わらず堅調な側面もある。12月5日開札では京王線「千歳烏山」駅徒歩約3分に立地するワンルームマンションが競売対象になった。築33年で専有面積約4・7坪であった。この物件には抵当権設定前の賃貸借契約があり、買受人は最先の賃借権と ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年12月16日