相続登記義務化を検討、所有者不明土地で法務省

 自民党の所有者不明土地等に関する特命委員会(野田毅委員長)は12月4日の会合で、所有者不明土地対策の検討状況を確認した。相続登記の義務化、土地所有権の放棄、民法の共有制度の見直しなど、2020年中の関連法改正案の提出に向けて動き出す政策が示された。  法務省が、法制審議会民法・不動産登記法部会で審議中の所有者不明土地の発生予防策と利用策を報告。発生予防策として、相続登記の義務化や土地所有権の放棄 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年12月9日