不動研「不動産投資家調査」10月現在、金融緩和続き投資意欲おう盛

 金融緩和が続く中、アセット・マネージャーや開発業者、生損保などのプロの不動産投資家の投資意欲は依然おう盛であることが、日本不動産研究所の「不動産投資家調査」と東京五輪後を聞いた特別アンケートで分かった。一部で警戒感も出ているが、まだまだ強気の方が勝っているようだ。 渋谷、池袋期待利回りが低下   日本不動産研究所が10月現在で聞いた「不動産投資家調査」の結果によると、不動産投資家の投資意欲は依然 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年12月9日