首都圏公取、賃貸違法広告、ホーム・イノベーション処分、厳重警告と違約金75万円

 首都圏不動産公正取引協議会は12月3日、不動産表示に関する公正競争規約に違反する広告を行った不動産事業者を公表した。  処分を受けたのはホーム・イノベーション(東京都新宿区、金子将也社長)。不動産情報サイト「ヤフー不動産」に掲載していた賃貸物件のうち11物件を調査したところ、いずれも表示条件の物件が存在せず、実際に取引できなかったことで厳重警告と違約金75万円を課した。  同協議会によると、18 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年12月9日