不動研「市街地価格指数」全国的に上昇続く、東京区部最高価格地、半年で4%台も

 日本不動産研究所がまとめた「市街地価格指数」(19年9月末現在)によると、「全国」の地価動向は全用途平均(商業地、住宅地、工業地の平均)で半年前の前期比0・6%上昇(前回0・5%上昇)となり、上昇傾向が続いた。  地方別では全地方とも堅調な動きとなり、「近畿地方」(前期比0・7%上昇)や「九州・沖縄地方」(同1・3%上昇)など国内外からの観光客でにぎわう地域は商業地を中心に上昇傾向が継続した。ま ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年12月2日