9月中間決算、森ビル

分譲減で減収減益、通期は増収増益へ/森ビル  森ビルの2020年3月期中間決算は、主力の賃貸事業がオフィス、住宅とも高稼働・高単価を維持し好調に推移したものの、前年同期と比べ不動産売買が減少したことで減収減益となった。各事業が期初予想通り順調に進ちょくしていることで、通期では増収増益を見込んでいる。  部門別の売り上げは賃貸が771億円(同2・7%増)、分譲が185億円(同45・7%減)、施設営業 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年12月2日