ミサワホーム、一次取得向け高機能化、120ミリパネルに統一、ZEH・IoTも

 ミサワホームは11月22日、木質系工業化住宅商品「MISAWA ONE」の標準仕様を高機能化し、「CENTURYAreaONE(センチュリー エリアワン)」として、北海道・沖縄を除く全国で販売を開始した。  120ミリ厚のオリジナル木質パネルを採用した「センチュリーモノコック」構法へ統一することで、高耐震やZEH基準の高断熱などの建物性能と大空間・大開口の両立や、自社開発のIoTシステム「Lin ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年12月2日