CFネッツ流、新・大家実践塾-90-、「路線価に基づく相続財産評価」、国税は不適当と追徴、裁判所も認め“びっくり”

 「路線価に基づく相続財産の評価は不適切」。  このほど、このような恐ろしい内容の東京地裁の判決が出てしまった。びっくりしたのが正直な感想である。  不動産を使うと相続税対策になる理由の最も大きな要因として、実勢価格と相続税評価とのかい離があることが挙げられる。感覚としては、都内でアパートを一棟購入した場合、相続税評価は購入価格の半分程度の印象だ。   今回の事案は、被相続人が13億円で購入した不 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年12月2日