増額交渉に持ち込む、相場との乖離に不満、オーナーVSテナント、好調ビル賃貸死角はないか!?、現行の金融政策と外的要因に目配せする展開続く

 オフィスビル市況が好調だ。低い空室率と高水準の賃料となっている。  不動産サービス大手のJLLによると、東京都心5エリアのAグレードビルの平均空室率は1%を切っている。丸の内・大手町の1坪当たり賃料は4万7597円と5万円に迫り、六本木・赤坂も4万円弱、新宿・渋谷が3万3176円。1年前に比べて4・4%~5・8%の賃料上昇率を示している。新築供給増であっても19年の空室率は低空飛行が続きそうだ。 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年12月2日