スペースマーケット、異業種38社と連携、遊休空間の収益化に本腰

 スペースマーケット(東京都新宿区、重松大輔社長)は11月28日、空き家・空き室といった遊休施設の収益化を進めるため、企業38社と連携し「スペースマーケットパートナーズ」を立ち上げた。38社には、東京建物やリストグループ、ハウスプラザといった不動産事業者をはじめ、東京メトロ、京急電鉄などを空間開発のパートナーに加え、設計・企画のQUMA(クーマ)や内装・施工のリノべるなども参画した。運用代行、IC ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年12月2日