住友林業つくば研、「W350」研究拠点が竣工、高さ15m超、緑化、ZEBの実証も

 住友林業は10月21日に筑波研究所(茨城県つくば市)の新研究棟のオープニングセレモニーを開催、11月に稼働を開始する。新研究棟は、創業350周年を迎える2041年に高さ350メートルの木造超高層ビルを開発する「W350計画」の研究拠点として、5階建てに匹敵する最高15・3メートルの準耐火構造建築物。木造ビルで初めて、全館避難安全検証の国土交通大臣の認定を受けた。  1階はイベントスペースとして活 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年10月28日