新刊『土地はだれのものか』、「土地はだれのものか」研究会著

 もう30年も前のこと。普通のサラリーマンが一生かかっても買えない水準にまで価格が高騰。東京23区はもちろん、多摩ニュータウンの公団建売住宅に1億円を超える値札がついて、大きな社会問題となった。  そこで登場したのが「土地はだれのものか」という議論。NHKが連夜にわたる特番を組んだ。機を一にするように、不動産への融資規制、課税強化が始まり、流れが逆転する。失われた30年の始まりだった。  その30 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年10月21日