東京都と協定締結、応急仮設住宅の建設、木住協

 日本木造住宅産業協会(市川晃会長)は10月17日、東京都と災害救助法に規定する応急仮設住宅の建設協定を締結した。今後は、都の地域防災計画に基づき、木造応急仮設住宅を迅速に建設するため、都の要請に応じ、木住協会員の住宅建設事業者をあっせんするなど、都との協力体制の構築を図る。  木住協は、全都道府県との木造応急仮説住宅の建築協定締結を目指しており、府県との協定締結を推進。今回、東京都との締結によっ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年10月21日