宅地建物取引士資格試験解答と解説

【問 26】  正 解(4)  (1)誤り。宅建業者は、自己の名義をもって、他人に、宅建業を営む目的をもって広告をさせることもできない。  (2)誤り。建物の一部の売買の代理を業として行う行為も、宅建業に当たる。  (3) 誤り。宅建業者が代理又は媒介として関与していても、宅建業の免許を受けていない者が営む宅建業の取引は無免許事業に当たる。  (4)正しい。免許なく宅建業を営むことは、無免許事業に ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年10月21日