宅建業法の難易度上昇合格ライン低下か、宅建試験解答・解説特集号4~7面改正点で踏み込んだ問題

 2019年度の宅地建物取引士資格試験(宅建試験、試験実施機関・不動産適正取引推進機構)が10月21日、全国47都道府県の試験会場で行われた。台風19号の影響で福島県いわき地区の試験会場が変更となったものの無事終了。19年度の受験者数は、速報値で前年度より3・16%増の22万694人(受験率80・0%)だった。受験者数は申し込みベースで27万6019人だった。中古マンションの成約件数が3年連続で新 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年10月21日